Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【感想】'17 JAPAN CONCERT Say the name #SEVENTEEN

 f:id:smf34:20170226094516j:image

 

 

ペンミぶり(10日ぶり)にせぶちを観れるなんていうそんな幸せなことがあっていいのでしょうか!?!?

 

 

 

おかげさまで、余韻ズルズル・灰になったかのように燃え尽き症候群に苦しんでいるここ2日3日ですが、この余韻が引く前にまた書き残しておきますね自己満です…

 

 

 

 

そもそも今回で二度目の来日(公式的には)、前回のプレディスどSキャパ採算で行われた中野サンプラザから場所を移して、デビュー1年9ヶ月で横浜アリーナですよ。12000人。

 

 

 

 

 

 

 

 

テセドルだなあ;;;;;

 

 

認めざるを得ないです、ちゃんと埋まってるんですもん12000人。すげえよ、何者だよ……時代なんだなあ、彼らが今旬でありホットなアイドルなんだなあと感じざるを得ないコンサートでした。

 

 

 

 

正直最初はイルコンに行くモチベがなくて。(とかいってチケットは取ってたんだけども)

 

 

 

韓国語がある程度分かるようになってきていたので、ただでさえ人数が多い上、ブソクスンのように進行や盛り上げ役を中心にテンポ良くわちゃわちゃと繰り広げられる彼らのトークが、かなり削られてしまうのがすごく勿体無いのもあるし、

 

何というか、12000人を埋める彼らを見て、大きくなったね……遠くへ行ってしまったんだね……と思ってしまいそうで。

 

 

 

 

 

 

 

まあ、今となっては

 

その頃の自分はさっさとその考えを恥じてくれ

 

って感じですが。()

 

 

 

ペンミに比べるとかなり短く感じる2時間半という時間ではありましたが、

 

本当に、

 

Boom Boom活動が始まってから年末の授賞式と音楽番組での鬼のスペシャルステージに加えて、年始にはHighlightカムバック、アユクデ、そしてペンミと、ほぼ2ヶ月間休みもなく大量のステージや作業をこなしてきてるはずなのに、

 

 

このクオリティで持ってこれる彼らは一体何者?

 

 

ってなりました。

 

 

 

ただ原曲で持ってこずにRemix verを何曲も入れて、更には日本語歌詞曲まで入れて、ユニット別ももちろん本体曲と何ら遜色なくこなしていける彼らのキャパに驚きでした……

 

どこにそれを練習する暇があったんだ…………………?

 

 

 

 

おまけに、会場の構造がムービングステージだったのも本当に大正解だったと思います。

どこの席でもハズレじゃなかったし、下手に花道だったら持ち味である칼군무をあんなに楽しめる舞台じゃなかっただろうなと!

 

 

 

そして何より嬉しかったのが、ユニット別VCRに手を抜かなかったということ;;

 

海外公演やし、って適当なものを持って来られる訳ではなくて何なら本国公演よりもかなりクオリティの高いどオシャレなVCR。あんなVCR初めて見たよ、今まで色々コンサート行ってきたけど。

 

ファッション雑誌の広告かと思った。音楽も、構図も。

 

 

しかもみんなのビジュアルが最高な時に撮られたもので、どのユニットもグオオオオオ…と唸りたくなるほど。バノニ、ジョッシュ、スニョンあたりがまじで拍手もの。

 

 

ジフンさんがピアノの前でうな垂れてるのとか色気の塊だったし、PDの立場も相まってすごいインパクトだったし;;;;

 

 

 

さ、このコンサートはさっさとDVD化しましょうね。需要だけはあるんだから。

 

 

 

一曲一曲レポしたいところですが、そんなことしたら文字数がエグくなるのでしませんけども、やっぱり彼らは公演ドルやなあ〜としみじみ感じるステージでしたねえ…

 

 

 

どちらかというとタイトル曲は後半にまとめて持ってきてて、盛り上げ要員的な感じで扱われているあたり、

 

やっぱり彼らの本当のパワーが見せられるのはいわゆる清涼ドルと呼ばれているコンセプトじゃなくて、

NO F.U.NとかROCKとかそういう、裏活動曲になってたどちらかというとダークな部分なんじゃないかなーーーーとすごく思うんですよねーーーー。

 

 

誰一人として、ダーク系はちょっと惜しい…って思う人いないもんなあ。贔屓目かなあ。()

 

 

個人的にはROCKのRemixバージョン、中間のブリッジ部分のダンスパートがすっごいカッコよくて!これこそ칼군무!っていう見せ場で!しかもジフンさんを頂点に、それを挟むシノちゃんっていうのがもう!!!!!!!!!(拍手)

 

 

一重組三人って本当に自分の魅せ方分かってるし、歌もラップもダンスも絶対に手を抜かないし、プライドの高さがモロに出ていて最高なんですよね……だからそこで頂点固められたらひれ伏すしかない…………………

 

 

 

 

編曲されたのでもう一個良かったなって思ったのは、パポチのOMGとボカチの어른이되면です(一個じゃねえ)

 

 

 

あのゴリゴリROCKバージョンに編曲されたOMGはライブっていう大きい箱だからこそ楽しいやつだと思うマジで。

 

 

わたしの元(?)サヤであるスーパージュニアパイセンも、スパショではいつもミイナをROCKバージョンでお送りしてて、頭ぶっ飛ぶんじゃないかってくらいゴリゴリのパフォーマンスして沸いてたんですが、

 

そういうことだと思います。(どういうこと)

 

 

 

特にじゅんぴが体も大きいし、基本的に動きも大きいので、ああいう雰囲気の曲を良く消化出来る人だなあと!

あの美貌で、チョーカーで、革のジャケットの真っ黒の衣装で出てこられてあんなエナジー満タンで踊られるとひれ伏しますよ本当に(2回目)

 

 

 

もう一個、어른이되면はアコースティック?な感じ。

 

イントロからしてもうなんか切なさしか感じれなくて、歌い出したらもう涙腺が崩壊しました。

 

 

20も然り、ボカチの歌って10代から20代に移り変わるまさに彼らの年代にしか似合わない、儚いメロディが特徴だと勝手に思ってるんですけど、それが更に儚い編曲をされるなんて………これは本当に音源をそのまま下さいと懇願したいです。

 

 

あと何より、ジスハンは歌上手くなったなあ、と。

 

正直ジスハンはあんまりライブに強くないのかなあと思ってたんですけど今まで…

 

全然生歌でも音源と遜色なかった、他の三人に劣ることなくなってきたなあ;;;;ってまた涙が;;;;

 

 

 

 

パフォーマンス以外の面はというと、

 

みんな本当に日本語頑張って覚えてきたんだなあ!!!!って、伝わった伝わった。

 

 

合いの手入れる時も知ってる日本語で頑張って入れてきてくれるソクミンとか、

意外とたくさん話してくれてビックリだったミョンホとか、

どうやら神戸から一公演足りとも手を抜かずにハイテンションだったスニョンとか。

 

 

スニョンの왕댯님キャラはかれこれペンミから二週間近く経ってるのに未だに抜けてなくて笑います。あんなにハイテンションなスニョンはまじで割と初めて見た。(笑)

 

 

 

ムービングステージだったのもあるけど本当にみんなペンサに手を抜かないな〜って。あっちに手を振り、こっちに手を振り…

 

 

特にユンジョンハンよ…

 

なぜか私の周りにハニペンが多いのか、みんながハニに沸いてるのかは分かりませんが、私のTwitterのTLはここ二週間ほどハニで埋まっています(笑)

 

モニターに映る度にキャーキャー、ハニもわかってるから愛嬌すごい振りまくし、絶対このイルコンの間にハニペンになったやつ500人くらいはいる。

 

 

 

 

そして、どうしても避けてはおけない最終日のイジフン大先生のお言葉

 

 

ブンブン活動をしながら色々なことを感じたらしく、一位や授賞式で賞を取れるようになって、周りからは「もうこれくらいなら良くやってる方だろ」って話を沢山聞くけど、そんな言葉を聞く度に一瞬も奢る気持ちになった事はない、むしろ恥ずかしかった、貰っている愛に比べたら自分たちが本当にまだまだだと言うことを感じているから…………

 

と。

 

 

 

まじでこの人ハタチなんでしょうか。()

 

 

ここまで人気になったグループの顔になる曲を作って、これだけ評価を貰ってたら少しぐらい奢ってもいい頃なのに、むしろ恥ずかしいっていう言葉が出てくるなんて思わなかったです……こっちが恥ずかしいです……これからもついて行きます……(従順)

 

 

 

ペンミであんなにみんな大泣きして、日本に来て大きい箱を埋めて、彼らがもっともっと高みを目指していけるステップになってたら何より。

 

イルコン行ってなかったら絶対に後悔してたなあ。じわじわ。

 

 

 

日本にいる間、インスタ FB Vapp YouTubeと、全てのSNSを駆使して本国のカラットまでちゃんと気にして手を抜かない彼らまじですごい。

 

私なら2時間半喋って歌って踊ったその直後にSNSで生ライブお喋りとか絶対無理顔死ぬ()

 

 

 

 

 

まだオモンナルの撮影で日本にはいるみたいですが、どうかこの時間がヒーリングになってるといいなあ。誰がこんなに長期滞在するなんて思ってたかなあ。

 

 

次の活動がいつになるかわからないですが、さっさと就活を終わらせて追っかけようと再決心してしまったペンミ・イルコンなのでした。

 

 

 

f:id:smf34:20170228100657j:image

 

 

 

 

【感想】 SEVENTEEN IN CARAT LAND

 f:id:smf34:20170216152129j:image

 

 

Twitterじゃ文字数足りなさそうすぎて急遽はてなブログ開設。

自己満レポ、記憶が消えてしまう前に残しておきたいことだけをひたすらに書きます〜〜〜ババアは記憶力の消耗の早さに勝てない。

 

 

 

とりあえず取り急ぎ、公式初ペンミーティング!

SEVENTEEN IN CARAT LANDの感想をざっくりと!

 

 

 

 

一番入りたかったチャニセンイルを除いた(笑)10と12日に入った訳なんですが、

10日は3階の2列目だったにも関わらず実際1列目が潰されていて実質1列目

 

f:id:smf34:20170216012825j:image

 

(見づらすぎか)

 

 

 

最終日も2階の6列目だったにも関わらず、座席の配置がなんかグネってしてて実質1列目

 

f:id:smf34:20170216012924j:image

 

を頂くという妙な運の良さ。ありがとう神様………………

 

 

 

とりあえず初の公式ペンミ、いうてもペンミやし、2〜3時間で終わるだろうと勝手に予想してたのは全て裏切られ、まさかまさかの夏のシャダコンより長い4時間公演。あざす!

 

しかも想像以上に歌うし、セトリもなかなかにいいし、何より前代未聞のシャッフルユニットっていうゾーンについに踏み込んでくれて最高でした……………

 

 

 

 

 

でも何よりここに書き残しておきたいのは、推し(イジフン)の涙であって。

 

 

公式ペンカペで募集してたカラットからの超感動的な映像がサプライズで流れてきて、彼らは舞台のヘリまで来て後ろの大きなモニターをカラットにお尻を向ける形で見てた訳なんですが、

 

映像が終わってみんながしんみりとした感動的な雰囲気になりながら立ち上がっていくのに、全く立ち上がろうとしない推し。

 

立ち上がっても全く前を向こうとしない推し。

 

いざ体が前を向いても、上を向いて明らかに何かを一生懸命に耐えてる顔をする推し。

 

 

 

普段からあんなにも泣かない泣かないと言われている子だから、いくら感動的だったとはいえども…まさか〜〜〜〜んな訳〜〜〜〜ってすっごいニヤニヤしながら見つつ、

 

 

そのまますでに大号泣中のMC BOOが「一人ずつどうだったか話しますか?」って個人コメントに入っていった訳なのですが、

 

 

 

ジフンさんっていつも割と冷静かつアッサリと終えるイメージだったんですけど、

その時に限っては本当に頭に言葉が全然出てきてない感じで、

 

 

 

気持ちがまだ落ち着いてないですね…何か言わなきゃいけないんですけど……本当に……

 

本当に、有難いという言葉しか出てこないです。本当に……ただ……本当にありがとうございます。

 

映像を見ながら、自分でも「何でこんなに涙もろくなったんだ?」って思ったんですよ…もともとそんなに泣かない方なのに…

 

 

 

って、一言一言ひねり出すかのように話してて、本当に自分でもビックリしてるんだなってこっちにも伝わってきまして。

 

 

 

 

その感動的なムードのまま웃음꽃に入ったんですが、推しから目を離すことが出来なくて。(笑)

 

 

1番を歌い終わったあたりから、何だかまた前を向けなくなってきて、ずっと下を向いてる……え、てか拭ってる……えてかもうなんなら膝から崩れ落ちそうになってる…え…………大号泣してる……

 

 

 

 

泣いてるやーーーーーん;;;;;

 

 

 

って、なって、こっちがツーンとくるクライマックス。

 

 

 

後々マスターさんの映像で見たら両隣を挟んでいた98達が「うじひょんが泣いてる…」っていう顔で見てて;;

特にバノニとか不思議な生物でも見るかのようにずっと見ててちょっと面白かった(笑)

 

 

 

 

初めて1位を取った時に泣きすぎてコメントも出来ず、挙げ句の果てにはメンバーから「泣き虫」と散々いじられ、舞台裏ではあんなに泣いたことをものすごく恥ずかしそうにしていたジフンさんですが、

 

今回はそんな素振りは全くなく、自分でも泣いたことにはビックリしてたけど、それ以上に来るものがあったんだろうなあ〜〜っていう。

 

 

 

デビュー前から応援してるいわゆる古株じゃないので何とも言えないですけど、

セブプロとか見てて意思が堅い・プライド高めの彼の性格上、感情を表立って表現することがそんなに得意分野ではないと思っていたので、

 

 

素直に感情を表現して、それを受け止めてるジフンさんを見て、凄く嬉しかったんですよねーーーーー;;;;;

 

 

 

 

おまけに最終日のラストコメントの時には、今まで辛かった事もありましたけど、そういう辛かった事をどうしてみなさんに話が出来なかったのか、こんなに信じて応援してくださっているのに…っていう発言をしていて。

 

 

その言葉を聞いた時にいい意味で棘が取れたなーーーって、本当にじわじわ感動しちゃいました。

 

 

 

 

 

 

もちろん他のメンバーのコメント、もう色んなところで既出ですけど特にバノニがキラッキラの笑顔で「사랑해요」を遂に話してくれたこともめちゃくちゃ感動でした。

 

もうね、声のトーンが。何か心から言いたかったんだろうなーーーーーーっていうトーンだったんですよね、バノニ。かわいい。

 

 

 

ローリングペーパーとか、Q&Aとか、ゲームの内容も、本当にファンが知りたい、見たいものが詰まってて、痒いところに手が届きすぎて、4時間一切目を離す場所がなくて凄かったです(語彙力不足)

 

 

 

あと印象的な部分を残すとしたら、

 

ハニがボロボロに泣いたのも実際スゴく驚きました。

みんながボロボロに泣いてた1日目でも泣かず、家族からのメッセージにも泣かず、へへへッといつも通り笑ってみせてたのに、

 

ローリングペーパーに関しては涙流しすぎて笑顔になれてないくらいで;;;;;!

 

 自分でも「メンバーのウチの気持ちを聞くとかの方が涙腺弱い」って言ってたけど、どんだけメンバーが好きなの;;;;;

 

 

 

 

完全に涙のスイッチになったジスからのメッセージのあと、ブーが「ホンジスとユンジョンハンは本当に苦労したと思いますよ、ヒョンなのにみんなより遅く入って来たから…」って言いながらも

 

 

ジョンハニヒョンは他の人のことを考えてくれるヒョンで、ただ「お〜辛いな辛いよな」って言ってくれるだけではなくて、他の子に対して「あいつ何があったの?」って聞いてくれたり、「お〜〜ウリマンネ ディノが一番カッコいいね!」とかそういうのもどのメンバーよりも先にやってくれて。それがチームワークやエナジーに大きく関連してるんです!

 

 

って。(大号泣)すごい嬉しそうに話すんですよ。(大号泣)

 

 

こんなの弟たちに思われてるジョンハニすごいなあ。

 

本人はどうやらいつもいつも冗談ばっか振ってて、内心どう思ってるか心配だったみたいだけど、そのあとにすぐチャニも昔の遠慮がちな性格から考えたら良くなったんですよ〜とか、みんなちゃんと見てるんだな〜〜〜〜って。

 

 

 

 

ふざけたコメントばっかで涙が来そうで来なかった子もいましたが(ソクミン)(笑)、

 

 

でもなんかみんなお互いのことを想って書いてるのが伝わってくるし、メンバーも「誰のか分かる!」って、匿名のはずのローリングペーパーをバンバン当ててたけど、私でもわかったのが多くて。不思議。

 

 

 

 

他にも色々書きたいことたーーーーーーくさんあるんですけど、なんせ4時間もやってたんでww

 

ちょっと止まりそうにないから感動したことだけ書き残しておきます……(笑)

 

 

 

とにもかくにも、これからも大きなトラブルもなくずっとずっと活動していけるといいな、をすごく感じたペンミでしたねーーーーー。

 

この二年弱、正直本当に辛かったんだろうなと。売れてるからイイじゃん!って思えばそれまでだけど、プレッシャーだの何だのて、あんなに素直に「正直しんどかった」って言われると…

 

 

 

 

まだまだ応援していきたいなと感じて、沼からはまだまだ抜け出せそうにないことは確信したペンミでした…(強制終了)